Fandom


トランスクリプト編集

レオン・スコット・ケネディは
アメリカ政府情報局員を名乗る男を
前にしていた。
「俺を殺すのか……」
男はゆるく唇を笑みの形にゆがませる。
シェリーはよせ。あの子に罪はない」
「ああ、だが知り過ぎている」
男は目線を上げ
レオンの顔を正面から見据えた。
「率直に言う、我々は君の能力を
高く評価している。悪い話ではない。
穏便にすませるなら選択は一つだ」
レオンは目を閉じ、そして答えた。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。