Fandom


トランスクリプト編集

事件の後
ジル・バレンタインは旅立った。
クリス・レッドフィールドと
合流するためてある。
だが……ジルを待っていたのは
ものけの殻となった隠れ家であった。
床にはクリスのナイフが道標のごとく
鈍色の光を放っている。
ジルは迷いなくその場を立ち去った。
彼女は信じている。
必ず生きて再会する、
そう盟友と誓ったのだ。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。