BIO HAZARD Wiki
Advertisement
BIO HAZARD Wiki

クリス・レッドフィールドChris Redfield)は、カプコンのゲーム『バイオハザード』シリーズに登場する架空の人物。

登場作品は『バイオハザード』(以下1)、『バイオハザード CODE:Veronica』(以下『CV』)、『バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ』、『バイオハザード5』(以下『5』)、『バイオハザード ダークサイド・クロニクルズ』(以下『DC』)、『バイオハザード リベレーションズ』(以下『RV』)。

公式プロフィール[]

  • 体長:身長:181cm→185cm(『5』以降)
  • 体重:80.5kg(『1』では80.4kg)→98kg(『5』以降)
  • 血液型:O型


キャラクター[]

基本設定[]

ラクーン市警特殊部隊S.T.A.R.S.アルファチームの隊員で、ポジションはPM(ポイントマン)。『5』では『B.S.A.A.』の北米支部所属するエージェントで高い権限をもつ「オリジナル・イレブン」の一人だが『6』ではその特権を自ら捨てて鎮圧部隊に異動し、部隊長を務めている。 両親は既に亡くなっており、身内は妹のクレアのみ。

強い正義感(キャプテンシー)を強靭な肉体に宿しており、観察力と洞察力を併せ持つチームのエース。射撃の腕もチーム随一で数々の大会で優勝している。また、過去に空軍に所属していたことから、戦闘機ヘリコプターの操縦も難無くこなす(『CV』にて実際にハリアー戦闘機を操縦し、『6』では部下のピアーズと共にVTOL単機でネオアンブレラの空母に攻撃を仕掛けている)。S.T.A.R.S.時代のチームメイトであったバリー・バートンとは空軍時代からの親友であり、ジル・バレンタインやフォレスト・スパイヤーとも入隊以前からの仲である。運が悪いのか、装備品やキーアイテムを無くしたり、単純なトラップに引っ掛かったりする様子が時折見受けられる。潜在的にT-ウイルスに対して完全な抗体を持つ。

喫煙者『1』ではオープニングとエンディング(一人で生還した場合)で喫煙シーンがある。

趣味は音楽鑑賞ロックを聴くことである。『2』、『3』で登場するS.T.A.R.S.オフィスにある彼のデスクの近くにエレキギターが置いてあるが、ギターを弾くことができるのかは不明(なお、『1』ではピアノの仕掛けで楽譜を読めないことが示唆されている)。

片付けは苦手なのか、『2』、『3』の主人公達のコメントからデスクの上が散らかっている様子が窺える。


後述の『1』からのウェスカーとの宿命もあって、多くの主人公がいるバイオハザードシリーズの中でも最も中心的な主人公である。 『5』での体術は豪腕を生かした殴り技が中心。

『バイオハザード1』前後[]

真っ直ぐな性格で、上官との意見対立を理由に空軍を退官した後、S.T.A.R.S.にスカウトされた。市内で起きた連続猟奇事件の調査と、先遣したブラヴォーチームの捜索のため、ジルら他のメンバーと共にアークレイ山中へ派遣される。怪物に襲われて山中の洋館に逃げ込むが、そこでT-ウイルスの存在とアンブレラの陰謀を知る。仲間の仇であるS.T.A.R.S.の隊長アルバート・ウェスカーが差し向けたタイラントを退け、ジル・バレンタイン、バリー・バートン、ブラッド・ヴィッカーズ、レベッカ・チェンバースと共に生還を果たす。

洋館事件から生還後、T-ウイルスの存在とアンブレラの陰謀を話すが、R.P.D.署長のブライアン・アイアンズの妨害工作などもあり周囲に信じてもらえず、それでもアンブレラへの追撃を緩めておらず、独自の調査でG-ウイルスの存在を知り、ジルやバリーと共にアンブレラを討つことを誓う。後に合流する約束をして、更なる調査のためにヨーロッパへ旅立った。 アンブレラとの戦いに妹のクレアを巻き込みたくないと思い、洋館事件以降は敢えて彼女との連絡を断っていたが、その行為が原因で後にクレアはラクーンシティでのバイオハザードに巻き込まれてしまった。

『CODE:Veronica』[]

ヨーロッパでの活動中、レオン・S・ケネディから、クレアがロックフォート島に囚われているという連絡が届き、彼女を助けるためにロックフォート島へ向かった。しかし、島に着いたころにはクレアは既に脱出しており、ウェスカーとの思わぬ再会の後、クレアを追って南極へ向かった。しばらくの捜索の後なんとかクレアを救助したが、クレアは島から共に脱出したスティーブ・バーンサイドという青年を失ってしまった。そしてクリスは、妹が経験した悲しい出来事を経て、アンブレラ打倒の決意を新たにする。

因みにこの作品でのクリスは、洋館事件で死んでしまった仲間たちへの敬意を込めて、S.T.A.R.Sの服を着用している(GC版、およびWii版のバイオハザードにも登場している)。

『アンブレラクロニクルズ』[]

ジルと共に対アンブレラ特殊私設部隊(後のBSAA)へ合流し、アンブレラと最後の決着を付けるため、ロシアの極寒の地にあるアンブレラ施設に向かい、アンブレラ社最後の希望であるB.O.W「テイロス」を撃破した。


『バイオハザード5』[]

洋館事件から10年後。対バイオテロ組織「BSAA」の北アメリカ支部に所属し、率先して各地のバイオテロを鎮圧させている。BSAA創設当時の所属11人のうちの一人「オリジナル・イレブン」であり、組織の中でも作戦参加数は随一で戦闘能力も極めて高い為、他の隊員から敬意を表される存在となっている。しかし3年前に自分を庇って死んでしまったジルを含め、今まで多くの仲間を失っていった事で、自責の念にかられ何の為に戦っているのか未だに答えを出せずにいる。

『5』の少し前、アフリカで起こったバイオテロに関わっているとされるリカルド・アーヴィングの周囲から「ジルが生存している」という情報を掴む。本来ならアーヴィングの確保はアフリカ支部のアルファチームの任務であったが、ジルの手掛かりを掴む為に「オリジナル・イレブン」としての特権を使い、バックアップ要員として強引に加わった。 そして『5』でアーヴィング確保の任務の為にキジュジュ自治区を訪れ、彼をバックアップするパートナーとして選ばれた同組織アフリカ支部の女性エージェント、シェバ・アローマと共に『5』で起きた事件に巻き込まれる。

スペンサー邸でのウェスカーとの戦闘で、長らくパートナーを務めたジルを失ってからは、今まで以上に仲間の死を恐れるようになっており、死なせたくないという思いからシェバを途中で帰そうとする程だったが、彼女と共に戦っていくうちに仲間がいる重みと大切さを思い出していく。やがてジルは生きていると確信したと同時に、因縁の相手との再会を果たすことになる。

射撃の腕は健在で、高速移動するウェスカーの手からサムライエッジを撃ち落している。

クリスを演じた声優[]

  • Scott McCulloch (『1』オリジナル版)
  • 井上和彦 (『1』DC DS ver.コンプリートディスク日本語吹き替え版)
  • ジョー・ホワイト (『1』リメイク版)
  • マイケル・フィリポウィッチ (『CV』)
  • ロジャー・クレイグ・スミス (『5』『DC』『RV』『MVC3』)
  • 東地宏樹(『Ⅳ』『MVC3』日本語吹き替え版)

バイオハザードIV アフターライフ[]

俳優はウェントワース・ミラー。ゲームとは違い、アメリカ軍特殊部隊の兵士(本人談)だったが、ロサンゼルス刑務所に派遣された際にアンデットに襲撃され、一人取り残される。その後刑務所にやって来た生存者達に犯罪者と勘違いされ、長い間監禁されていた。 本編中、刑務所を脱出するアリス達に刑務所からの脱出方法を教える事を条件に解放され、アリス、再会した妹クレア達と行動を共にすることとなる。

作中での主な使用武器[]

  • サムライエッジ(『1』、『UC』) - 『1』ではオーダーモデルをオープニングで使用していたが、途中で紛失し、本編ではジルのものを使用。
  • コルト・パイソン(『1』『CV』)
  • レミントンM1100(『2』)-銃の扱いに長けているため、レオンと異なり素早い連射が可能。
  • グロック17(『CV』)
  • ベレッタM92(『5』)- レーザーサイトを装備。
  • ベレッタM93R(『IV』)- ノーマルバレル、フォアグリップレスモデル。

『MVC3』での技一覧[]

必殺技[]

ガンファイア
弱はショットガン、中はサブマシンガン、強はマグナムで射撃する。
グレネードトス
弱は地雷を設置する技で、中は手榴弾、強は焼夷弾を投げつける。
コンビネーションパンチ
ワンツーパンチで攻撃する。ボタンの追加入力で以下の技に派生可能。
マグナムコンボ
「コンビネーションパンチ」の中性能版から派生。マグナムで吹き飛ばす。
ボディブロー
「コンビネーションパンチ」の弱性能版から派生。
へビィブロー
「ボディブロー」から派生。
フィニッシュコンボ
「へビィブロー」から派生。3連続パンチを繰り出す。

ハイパーコンボ[]

グレネードランチャー
グレネードランチャーから「冷凍弾」「炸裂弾」「焼夷弾」「電撃弾」の順に発射する。
二発目の「炸裂弾」は真上に向かって撃ち、「電撃弾」を撃った後に時間差で相手の真下に落ちてくる。
スウィープコンボ
ナイフ、スタンロッド、ショットガン、サブマシンガン、マグナム、ロケットランチャーの順に攻撃していく連続技。
サテライトレーザー
Lv3専用ハイパーコンボ。衛星レーザーの照準機を構えて照準を操作し、ボタンの追加入力でレーザーを落とす(最大3回)。

その他の登場作品[]

  • SNK VS. CAPCOM 激突カードファイターズ シリーズ(カードゲーム 「トレーディングカードゲーム」版も含む)
    • 1作目と2作目に登場。2作品ではアクションカード「えんごしゃげき」でレベッカと一緒に、2作目ではキャラクターカードとして登場している。
  • MARVEL VS. CAPCOM 3 Fate of Two Worlds
    • プレイヤーキャラとして参戦。日本語ボイスの声優は東地宏樹が担当している。
    • デザイン及び設定上は『5』のものだが、ダウンロードコンテンツとしてS.T.A.R.S.時代の衣装も存在する。


ar:كريس ريدفيلد sv:Chris Redfield

Advertisement