Fandom


トランスクリプト編集

女は鏡に映る自分の姿を見つめていた。

エイダ・ウォンと呼ばれた女……。

しかしその名前に

別れを告げる朝が訪れていた。

次の仕事まで、あと数刻。

「私はもう、エイダじゃない……」

わき腹には真新しい裂傷があった。

女がエイダであった時

愛した男を守るために受けた傷である。

「これはエイダの傷、私の傷じゃない」

エイダ・ウォンで無くなる朝

女はとめどない涙を流していた。

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。